こんな使い方もあります

分譲住宅の販売にかかわる方へのご提案

イメージや間取りなど、3種類位のモデルルームを作ればインパクトが違う!しかも低価格。

大きな分譲地なら、しっかりと予算と時間をかけてモデルルームやモデルハウスを作りますが、建具の色や種類などは何パターンかあるものです。
お客様によっては、モデルのイメージとお客様の好みが合わないため、いい印象を持っていただけない場合は多々あります。
レンタル・モデルなら、しっかり作ったメインのモデルに合わせて、色違いやイメージ違いの簡易的なモデルをそばに作っておけます。メインのモデルは、LDKや全室しっかりと作りこんで、レンタルするサブモデルはリビングだけ、ダイニングとキッチンだけ という使い方にすれば、もっと予算を抑えつつ、イメージだけはしっかりと伝わります。
売れていったらレンタルをストップしたり、人気のないものから止めていくこともできます。

 

お客様の声

  • 1パターンのモデルでは厳しかったけど、3つになってから話もしやすく、どの順番で案内するかも工夫できるようになった。 3つも作る予算はかけたくなかったし、大きさも微妙な分譲地だったので使いやすかった。

  • 今までは、物件が売れたら家具やインテリア小物を運び出したり、倉庫を借りていたりしたが、そんな手間もコストもかからなくなった。 移動にかかった人件費をちゃんと計算すると、倉庫代より高くついていた。

  • 家具付きで買ってもらうこともなくなった。

  • 倉庫に眠っていた家具やインテリア品も活用してもらえたので、さらに安く済んだ。